読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オーストラリア留学日記

かれこれ10年悩み続けた念願の留学を決断しました。日々の出来事を綴っていきます。

DAY2② ホームステイファミリーとの初対面

オーストラリア出発前にホームステイ先へ挨拶メールをしていたのですが、返信がなかったので、あまりウェルカムな雰囲気じゃないのかもと寝不足の頭でぼんやりした不安を感じながら、送迎車の助手席に座っていました。

しかし、そんな不安も束の間で送迎担当のフィリップとの話は、当たり前ですが、英語100%+オーストラリア訛り20%で。私のぼやぼやした脳みそは叩き起こされ、ガタゴトいいながら回転し始めました。フル回転しても口から出てきた英語は言いたいことの50%も満たないものだったけど!この時、遅ればせながらオーストラリアに留学が始まったのだと実感しました。(遅い)

30分程、フィリップとの会話に奮闘していると窓の外は緑の多い住宅街に。そして遂にホームステイ先に着いたのです。

f:id:MAY555:20170507113856j:plain

 

綺麗な外観のお家。フィリップがチャイムを鳴らすと、ジーンズのショーパンにTシャツを着た明るく感じの良さそうなお母さんが笑顔で出てきました。いい人そうじゃないか!一安心。フィリッップとお別れをし、家の中へ。

 

f:id:MAY555:20170507113950j:plain

 

f:id:MAY555:20170507113927j:plain

f:id:MAY555:20170507113858j:plain

 

f:id:MAY555:20170507113654j:plain

ええええええ。なんと!ゴージャス!綺麗!全てのものが綺麗に整頓されているハウスじゃないですか。というか綺麗過ぎて生活感ないけど!お母さんに家の中を案内してもらい、ここがMAYの部屋ね。と案内された部屋はか、かわいい!!この部屋はもう家を出た長女(20歳)の部屋だそうです。これは俗に言う、ホームステイには当たり外れがある。の「当たり」じゃないかと確信しました。

f:id:MAY555:20170507113919j:plain

リビングに戻り、ふかふかのソファーでお母さんにオーストラリアは初めて?日本では何をしていたの?などのインタビューを受けているとお父さんと次女が帰宅。白Tシャツに黒ジーパンの私と18歳の次女の格好が全く同じで、私達格好がマッチしているわね!Hahahahaと和む会話もあり、皆さん優しく大らかで本当に安心しました。

軽く荷ほどきをした後、お父さんが学校までの行き方を案内してくれることに。めちゃくちゃ助かる!!道中、SIMカードを小さな売店で買い(こんなところで買えるんだ)、バスの乗り方やGOカード(PASMOのようなチャージ式カード)の購入、街の案内をしてもらいながら、学校の前まで連れて行ってもらいました。本当に優しい。帰宅するとMAYはお腹空いてる?ご飯食べたの?と。この時は既に17時過ぎくらいだったけど、アドレナリンが放出しまくっていたせいか食事のことも忘れていました。あーそういえば少し空いてるかな!?でも昨日の夜食べましたよ☆と、そのつもりじゃないんだけど変に皮肉めいた返答になってしまって。え。昨日?(苦笑)と不憫に思われたのかサンドイッチを作ってもらいました。もしやこれは一人晩ご飯?と思いつつ平らげると、すぐ後に何かが入っているヌードル(ベジタブルと説明されたけどベジタブルではないと思う、、、)が食卓に並び、ファミリーと一緒にいただきました。味は正直よく分からない。無味?でも抱えていた不安が解消された気持ちがして、白い綺麗なシーツのベッドでぐっすり眠れたのです。

DAY1 オーストラリア上陸

遂にブリスベン空港に到着しました!


節約のためLCCを使ったので、9時間半のフライト+5時間の乗り換え待ちをしました。直航便よりプラス7時間程かかります。

初めてのオーストラリアで1人で辿り着けるか心配していたのですが、いやー到着するもんですね!

*フライト

20:25 成田空港から7時間25分のフライト

04:50 ケアンズ空港着。でブリスベン行きの飛行機を5時間待つ

10:00 飛行機に乗るもなかなか離陸せず

12:20 30分程遅れてブリスベン

*オーストラリアまでのフライトでお腹が痛くなるまで気にしなくても大丈夫だったこと

・オーストラリアは検疫検査が厳しいた食品持ち込みは全て申告を
 →禁止物のみ申告が求められる

ケアンズ入国後、「あれ、何も申告してない。これからか?いや、もうオーストラリアに入ってるよな...」という感じですんなり入国してました。私は食品を割りと多く(広島焼きセット、醤油、インスタント味噌汁、カップヌードルトムヤムクン味、麻婆豆腐の素)を持っていたので、厳しく検査されるのかと緊張していましたが、完全に肩透かし。調べてみると現在(2017.4)は、持ち込み禁止物を所有している場合のみ、入国カードで申請するそうです。※渡豪する方は念のため事前確認をお願いします

・空港送迎ありの場合、飛行機が遅れたらエージェントへ連絡
 →最悪の最悪できなくても大丈夫(連絡可能な場合、または大幅な遅れの場合はした方がいいです)

ケアンズで飛行機がなかなか離陸しなかったので、エージェントに連絡しなくては!と思ったのですが、日本の携帯キャリアは解約済み。また既に機内だったため空港のWi-Fiは使えずで、送迎の人と会えないかも...。と心配していたのですが、大丈夫でした!待ち合わせ場所のBaggage claimに着いた時は自分の名前が書いてあるプラカードを掲げた人がいなく、電話を借りた方がいいかしら。と思いながら2つのスーツケースを転がしながらウロウロしてると、他の学校の送迎の人(おじいちゃん)が「どうしたの?どこの学校の人?」とヘルプを!その人へ事情を話していたら、私の学校の看板を持っている人が通りかかりました。ありがとう!おじいちゃん!

*逆に気を付けた方がいいこと

・国際線ケアンズ空港に着いてすぐの売店は物凄い高い!
ケアンズに着き、喉がカラカラ、寝不足、おまけにスーツケース2個に手を焼いていた私は売店で600mLの水が$4を見て、「見よ、これがオーストラリアだ」と半ば強引に納得し購入。後でここが一番割高なことに気付きました。歩いて10分程(結構遠い)の国内線の待ち合い場所は色々な店があり$3(それでも高い)くらいで同じものが売っていました。
f:id:MAY555:20170429215140j:plain

・オーストラリア国内線の機内は極寒
スーツケースの荷物を軽くするため、Tシャツ1枚、パーカー、ジージャン、秋用のロングコート着込んでいましたが、それでも寒いくらいでした。ケアンズ到着時、この格好では暑く、後悔し始めていたのですが、着ていて本当に良かったです。ちなみに隣のオージーらしきおばあさんはノースリーブでも暑いのか、紙でパタパタ扇いでいました。「見よ、これがオーストラリアだ」と思いました。